広島県立広島第一高等女学校

校  歌

作詞 鈴木 敏也
作曲 信時  潔

一 春の丘多祁理の宮に
  み船寄せいませし神の
  明らけく浄く直けき
  大御言理想と仰ぐ
  昭代の少女子われら

二 蒼空に聳ゆる甍
  常若のわが学舎は
  翠濃き松の標に
  高光る日嗣の皇子が
  行啓の栄ある斎場

三 たたなはる阿岐の山脈
  揺ぎなき操を啓示し
  七すぢの水の真澄は
  優しかる心の鏡
  身にしめていそしみ学ぶ

四 世の風巻いかに荒ぶも
  大君の御詔畏み
  たらちねの教のままに
  日の本の女の道を
  ひたぶるに護りて行かむ

 

広島県立広島皆実高等学校生徒歌

友よ

作詞 珠山 哲弥  坂下 喜治
作曲 北 千枝子

一 瞳をあげて際涯(はたて)を見よ
  朝日影 雲に耀(かが)よい
  目路(めじ)はるか
  連なるところ 山脈(やま)青く
  海はろばろに 煙るなり
  秀麗の地に つどいして
  往かんかな 友よいざ
  理想の道を往かんかな

二 友よ 耳傾けて羽ばたきを聴け
  白き鳩 群れ翔(た)つ空に
  風澄めば
  平和の鐘の こだまして
  我らが胸に 響き鳴る
  ここ学舎に 集いして
  生きんかな 友よいざ
  永遠(とわ)の真理に生きんかな

     

 


 

広島県立広島皆実高等学校生徒歌

われら羽摶く

作詞 珠山 哲弥
作曲 岡本真一郎

一 山脈のさ緑 萠えて
  雲遠く 朝陽かがよう
  若き日の
  いのち溢れて
  われら力めむ
  ひらけゆく 理想の涯に
  たくましき 翼はばたく
  われら羽摶く

二 風青く 薫りをのせて
  海原に 光みちたり
  湧きあがる
  いのち新たに
  われら謳わむ
  永遠の 真理もとめて
  ひとすじに 明日をはばたく
  われら羽摶く

 

広島県立広島皆実高等学校

校  歌

作詞 広島皆実高等学校
作曲 高木 東六

一 光よみがえる 平和の園は
  とわに新しき 時世を告ぐる
  鐘の音さやかにひらけゆくなり
  友よ・いざ友よ
  いま明けそむる 雲波に
  悠久の悠久の まこと求めん

二 ここぞふるさとの七つの川は
  つねに人の世のけがれをよそに
  水の面きよらにながれゆくなり
  友よ・いざ友よ
  小富士に匂う さ翠に
  清朗の清朗の こころ力めん

 薫る友垣の 皆実の庭は
  ともにうるわしき おもいをのせて
  若鳩ゆたかに 朝羽振るなり
  友よ・いざ友よ
  柏に映ゆる 新雪に
  青春の青春の いのち謳わん